« ロケ地探訪: 国立天文台(4話) | トップページ | Newtype6月号。あの人たちもロケ地探訪! »

2007年5月13日 (日)

設定メモ: 契約者の対価

3・4話では、契約者について重要なことが語られていますね。

まず、契約の対価のこと。


D0428memo1


↑は、契約の対価、"dog-ear"をせっせと作るルーコ。



4話、国立天文台での未咲と石崎主任の会話ですが、

「契約の対価と呼ばれる、精神的呪縛行為...」って言ってます。

以前岡村監督に尋ねたところ、「あくまでも、契約者の心の中の、内的な束縛」との返答でした。

要するに、たとえ対価を払わなくても、能力が消えてなくなったり、雷が落ちてきたりはしないということ。



感情を失って、合理的な思考しかできないといわれてる契約者ですが、
不合理な「こだわり」って、対価くらいしかないのかもしれませんね。

それにしても1話のルイ、彼の対価だけ特にキツい...

2007年5月13日 DTB(第1期), 設定メモ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204304/15053000

この記事へのトラックバック一覧です: 設定メモ: 契約者の対価:

» 第6話。無駄に長い感想(笑 トラックバック DIARY
前回のいい加減な感想の中に、黒の妹ってOPに出てくる緑の髪の子かと書きましたが、 [続きを読む]

受信: 2007/05/13 16:33:29

» 黒の契約者 第6話 「災厄の紅き夢は東欧に消えて…後編」 トラックバック 嗚呼、 よきかなヲタ人生
先週に引き続き、ノーベンバー11の登場。 いいですねー、かっこいいですよぉ! あらすじ ヘブンズゲートが消失した際、ヘイの妹は姿を消した。妹の行方を掴むため、ハヴォックから事件に関しての情報を引き出そうと... [続きを読む]

受信: 2007/05/13 19:14:32

» DARKER THAN BLACKが面白くなってきました トラックバック パソコンゲームの感想のみのページのTopics
2話で、久々にストライクなヒロインだとウハウハしてた千晶がいきなり退場した時は激怒したものですが、ようやくこのアニメのスタンスが分かってきました。どんなにキャラを立てようが、ゲストキャラはあくまでゲストなのだと。今回も、先週の段階ではいつ暴走するかと色メ..... [続きを読む]

受信: 2007/05/13 23:58:07